商工会では、皆様のために、安心・有利な各種の共済・年金・保険制度をご用意しました。加入のご相談をいつでも承ります。
 ● 「貯蓄・融資・保証の3つの充実」
  【商工貯蓄共済制度】
  <3つの機能>
   1.貯蓄
    知らず知らずに自己資金の貯蓄
   2.融資
    事業資金(50万〜1,000万円)、生活資金(10万〜200万円)
   3.生命保険
    万一の場合は貯蓄積立金の他に、保険金が支払われます。
    掛金のうち保険料、手数料は控除及び損金、必要経費の対象になります。
    *加入者の特典として、人間ドック費用助成制度・旅行割引制度もあります。

 ● 「あなたも家族もまるごと守れる!頼れる補償の」
詳しくはクリック
  【全国商工会会員福祉共済制度】
   商工会会員の皆様のために、商工会、都道府県商工会連合会、全国商工会連合会が
   一体となって運営する傷害共済制度です。
   掛金は、加入タイプごとに年齢・性別・職種に関係なく一律で、国内外・24時間フル
   カバー!
役員や従業員の福利厚生としてお役立て下さい。

   ■加入者(掛金払込者): 商工会の会員(法人会員の役員を含む)及びその家族、
                   従業員です。
   ■被共済者(共済の対象となる者): 被共済者の年齢は満6才以上満65歳以下
                         (継続は74歳以下)です。
   ■掛  金: 職業、年齢、性別に関係なく一律月払い2,000円です。
   ■補償内容: 交通事故や不慮の事故による入院や通院、手術、後遺障害、死亡に
            ついて低廉な掛金で補償を行います。
                 < 交通事故>        <不慮の事故>

     ・死亡共済金     1,000万円           800万円

     ・後遺障害共済金  1,000万円〜10万円     800万円〜8万円

     ・手術共済金     20・10・5万円        20・10・5万円

     ・入院共済金     8,000円            8,000円
                (1日目〜100日目)     (1日目〜100日目)

     ・通院共済金     3,000円            3,000円
                (3日目〜100日目)     (3日目〜100日目)

    *入院共済金の場合は、6歳から12歳及び66歳以上は3日目からの支給となります。
    *準共済金 被共済者が業務として危険度の高い作業に従事している際に生じた事故
    による傷害等については準共済金として通常給付の6割の金額が支払われます。
       

 ● 「事業主のための国の退職金制度」
  【小規模企業共済制度】
   小規模企業の個人事業主または、法人役員の退職金制度です。
    ・毎月の掛金は1,000円〜70,000円
    ・掛金は全額所得控除
    ・共済金の受取は一時払いあるいは分割払いが選択できます。
    ・貸付制度があります。


 ● 「取引先がもしもの時に備えて」
  【セーフティネット共済(中小企業倒産防止共済制度)】
   取引先事業者の倒産の影響を受けて、中小企業者自らが連鎖倒産する等の実態を防止
   し、経営の安定を図るための制度です。
   毎月の掛金は5,000円〜80,000円

  <共済金の貸付>
   加入後6カ月を経過して、取引先事業者が倒産し売掛金や受取手形などの回収が困難と
   なった場合に貸付が受けられます。

  <共済金の貸付額>
   掛金総額の10倍に相当する額か被害額のいずれか少ない額で、3,200万円が限度。

 ● 「事業主と後継者の豊かな未来に」
  【全国商工会経営者年金制度】
   商工会の会員向けの年金制度です。公的年金に加えて、豊かな老後にお役立て下さい。
   加入資格:事業主(法人の場合は役員)及びその後継者で年齢が20歳〜65歳まで
   掛金:月払1口1万円で1口〜40口 一時払積増1口10万円で1口〜200口

 ● 「中小企業でも従業員に退職金を」
  【中小企業退職金共済制度】
   単独では退職金制度をもつことが困難な中小企業に事業主の相互共済と国の援助に
   よって退職金制度を設け、これによって中小企業の従業員の福祉増進と雇用安定を
   を図り、中小企業の発展に役立ちます。
   毎月の掛金は、5,000円〜30,000円

  <制度の特色>
   ・掛金の一部を国が助成します。(掛金の1/3を2年間、増額分の1/3を1年間)
   ・全額損金又は必要経費となります。
   ・加入企業は、従業員の福利厚生施設(社宅、更衣室、休憩室等)をつくるための低利
    な融資が受けられます。

 ● 「万が一の事故に備えて」
  【中小企業PL保険制度】
   会員である中小企業者(被保険者)が、製造または、販売した商品(製品)が第三者に対
   する事故や、物損事故を起こしたときの損害賠償を補償する保険です。
   ・低廉な保険料(一般保険料より47%の割引率)
   ・PL法に対応(安全経営の確保)
   ・保険料は全額損金